凡人の凡人による凡プレイ備忘録

サクスペについて書いてます。なお攻略記事ではありません。あと、凡プレイ紹介ですので、スーパープレイを見たい方は回れ右。(笑)

サクセス新シナリオ、というのであればたぶんこちらのストーリー

かなり久しぶりに1日で2度目の登場でございます。

や、だいぶ戻って来たぞ。 ٩(ˊᗜˋ*)و 

 

さて、タイトルの意味は、こちらのシナリオのことです。

シナリオ固有キャラ、つまりイコール『新キャラ』登場なんと10キャラ。

この扉絵に出ている左奥の女の子以外は全員出ます。

...後々、というか後日、お話しますが、もう一つのシナリオ・千将高校は正直、これまでのサクセスとはまるで色が違うシナリオなので、本当の新シナリオはマジでこのアオハルだけになるんじゃないかなと。

 

だから、かなり気合が入ったシナリオになっていて、彼女キャラを除いてもランダム金得イベが9つあるわけです。

 

ただまあ...今回のシステムの都合なのか、それともランダムが発生しなかっただけなのか、はたまたフラグをへし折っていたのか、金得取得で完走できるのは3キャラくらいまでなのかなぁ、と。

んで、金得取得も1シナリオ5つ(シナリオ固有キャラ3、シナリオ1、彼女キャラ1)っぽい? もう少し検証してみないと分からないけど、2回やった結果では5以上取れませんでした。

ちなみに、この扉絵には登場していないキャラがあと2キャラいるのですがそれは別の機会にでも。

 

ちなみにこの話もちょっと分岐するお話で、条件によって(たぶん、正月までに彼女がいるかいないかで)、最後の甲子園決勝の相手が変わり、そして、取れるシナリオ金得も変わります。

 

ちょっとだけネタバレしますと、彼女がいる状況だと、十六夜瑠奈の弟・十六夜満がラスボス兼最強ライバルルートとなるシナリオに進行します。

まあ、シナリオの中では名前は出ませんが、この満がたびたび口にする「5億を要求」したり、「練習が厳しかったり」する「姉」となると、どう考えてもこの方以外は考えられないわけで。

つまり、アオハル学園は少なくとも、パワプロ2016前後のお話となる模様。

んで、この十六夜満に纏わるものがシナリオ金得の一つで、こちらに進んで成功しますと「伝説のサヨナラ男」が手に入ります。

 

さて、このアオハル学園。

特徴はパワフル高校と違って、「練習」コマンドが、放課後をバックに「行動メニュー」コマンドに変更。

練習はおろか、放課後行動も含めて6つの行動がランダムで選択されて、「休む」以外は何が来るのか分からないという、かなり面倒くさい設定。

ちなみに青と赤のカードにも意味がありまして。

赤で熱血、青できらめきゲージが貯まり、満タンになるとそれぞれのトレーニングが2ターン発動。

熱血は経験点アップで、きらめきはコツが貰えるものです。

熱血はちょっと撮れてませんが、きらめきはこんな感じ。

選手キャラに必ずコツが発生して、それをすべて取ることができます。

 

あ、ちなみにカードなんですけど、色も含めてこれで変更できます。

まあ、私はまだきらめき変化以外のカードを見たことありませんけどね。

...発生条件って何だろう?

 

んで、練習以外にもこのシナリオはご丁寧に学校イベントも全部こなす羽目になります。

教育実習、体育祭、修学旅行、文化祭と言った学校シナリオを。

ちなみにこれは修学旅行。

これは何だったかな?

まあ、つまりはこのアオハル学園。

野球だけじゃなくて、「学園ドラマ」も楽しめますよ、という形になっています。

多分、半分くらいのシナリオは「学園ドラマ」だという気がする。

だから、結構楽しいですよ。ストーリーを楽しむ、といった点で。

 

つ・ま・り、

こういうサービスイベントもシナリオで選べば見ることができます!

パワプロでまさかの水着シーン!(笑)

いや、今回の運営はマジでがんばったと思います。

野球をテーマにしたゲームに半分くらいをこういう学園ドラマに仕立てたことは素直に評価に値します。

 

まあ、さすがにギャルゲーのようなことはできなくて、ここまでマネージャーたちと絡むことはあまりありませんけどね。

 

ちなみに、このシナリオでは、十六夜満を除く登場人物のほぼ全員が「幼馴染」という設定になっています。このマネージャー4人も、ですよ。(笑)

だからみんな、仲が良いんですね。男女問わず。

その弊害なのか、パワプロくんと彼女にならないと、この女の子たちも普通にやんすも含めて登場キャラみんなと談笑してますし、やんすもこの4人を異性として見ていない模様。いや気付けやんす。もう二度とこんなチャンスはおそらく来ないぞ(笑)

 

てなわけで。

とりあえずこのシナリオで初めてできた育成選手はこんな感じ。

ちなみにこれは何か一つ金得を落としている模様。

ランダムですから選択肢を間違えるとこうなるんだけど、一体何を落としたのだろうか?

 

にしてもまだ500点台を脱することができないなー。まあ、オールBレベルじゃこんなものか。

 

 

ただ個人的には久しぶりに据え置きのサクセスを楽しめてるなと。

もちろん、育成選手はサクスペと比べると全然弱いんだけど、こういう風に取得できる経験点が限られている中でどれだけ強い選手ができるか、という思考錯誤はこんなに面白かったんだ、ってことを思い出しています。

 

まあ、サクスペはこんな感じでオールSの得能てんこ盛りは当然の世界になってしまってますからね。

いやはや、全然違うわ。

 

さて、ラストは今回のサクセスシナリオの校歌をご紹介。

youtu.be

実のところ、2018と2020は甲子園優勝までやったシナリオはなくて、校歌が入っている、ということを初めて知りました。(笑)

十六夜瑠奈様様、目標には届いたけど、それでも1000位内は無理、だな

つーわけで、現在、行われているサクセスチャレンジ~花丸編~

私のハイスコアはこちら!

うんまあ...個人的にはこの点数で満足してるんですけど...

今回のサクチャレは100,000点越えないと1000位内に入れないんですかそうですか。

私がサクチャレで最後に1000位に入ったのっていつだろう? ひょっとしたら、世紀末北斗サクチャレまで遡るのかもしれない...と思ったら、去年のクロスナインがあったわ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/E/EXTRA0304/20210521/20210521215835.jpg

.......................................

.......................................

...1年で20,000点以上もインフレしてるのな? しかも、私の順位は倍以上落ちてるんでもっとかも? 私自身がもうインフレに付いていけてないことを理解はしてるつもりだったんだけど、いざ、こうやって現実を突きつけられると呆然としてまうわ。

 

ちなみに。

前も言いましたけど私が今回組んでるデッキはこちら。

緑(筋力)3、青(技術)1、赤(精神)1、紫(変化)1。

どうしてこの組み合わせにしてるのかというと、くどいようですが私はタッグ運が壊滅的なので、基礎能を全部入れておかないと、絶対に偏って経験点溢れという凄い勿体ないことを引き起こすことは目に見えていますから。

 

んで。

今回、最高点を出せたときも例外ではなく、この度は。

このキャラがキーパーソンを演じてくれました。

役割・青(技術)のワールド瑠奈。

去年のサクスペ826のメインキャラです。まあ、このテーブルなんで、50でも微妙な立ち位置なんだけど、今回はこの瑠奈の立ち回りのおかげで伸びました。いやホント。

 

てことで、瑠奈が役とタッグに絡んだのはこんな感じ。

Wタッグ以上はほとんどなかったんだけど、得意連・コントロールに、それも他のところにタッグがないときに来てくれて、必要技術と、精神ボナ12が功を奏して、筋力変化精神を溢れさせることなく、最後まで突っ走り切りました。

 

まあ大きなタッグはこれくらいでしたね。

それでもトリプルタッグは1回のみ。

...これでよく、25,000点越えたなと。

 

ちなみに4人タッグは一回来ましたよ。

ロボカードシステムが終わった後に。(ヲイ)

...これだからタッグ運がよぉ...

 

とまあ、それでも25,000点を越えてきましたんで、たぶん、まだ伸びる余地はある気がするんだけど、でもまあいいかと。

はっはっはっは。

25000点越えてながらPG4とか低いなぁ。まあサクチャレだからいいけどさ。

ちなみに能力はこんな感じの3虹得!

ん? 総合スコア「334」。

え? 何ですか?

とある球団は何の関係もありませんよ? いやまったく。( ̄▽ ̄;)

 

 

ラストはちょっと追加された称号。

投手更新は全然できていないんだけど、花丸自体は結構やっていたんだなー、と。

今回のサクチャレ、たぶん投手でも野手でもどっちでもいい気がするけど?

てことで改めまして今週のイベントのこのお話。

新シナリオが来ましたら、2か月以内には来るサクセスチャレンジ。

今回は花丸編です。

ルールはいつも通り。

特効ボーナスをとにかく高く設定できるデッキを組んだ総経験値というスコアアタック。

さて、今回はいつも通りのボーナスの前に。

ちょっと特効キャラからご紹介。

まずは特効ボーナスが一番高い特効イベキャラ1。

[恋のキューピット]天音姫恋デビューガチャを引いた人は、かなり楽。

あのガチャはPSRキューピットが確定で貰えています。

そういった意味では[ワールドクラス]山口賢もそうなんだけど、ぐっさんは100連目でしたので、最悪、キューピットより10,000円多く払わなきゃいけないことを思うとちょっと面倒くさい。

んで。

このメンバー、ピンクと満以外はガチャ的に誰しもが2人以上持っている気がするので結構優しいですね。

 

お次は特効2。

シナリオキャラはいつも通りこちらです。

ちなみに白瀬芙喜子がシナリオの都合上、必須になりますので、持っていない人は...いないとは思いますが持っていないときは借りるのはこのキャラ一択になりますね。

ただ、白瀬ちゃん以外に注目するキャラが1キャラいます。

それはこのキャラ。

まさか、なんだけど特効2にいるんでPSRで持っているなら率先して使っていいかもしれません。何せ、イベント発生率アップ持ち。つまり猫要らずってわけですね。

それにしてもどうして特効2にいるのだろう? んで、パワポケ繋がり(あとシナリオ固有扱いキャラ)からのメンバー、ブラックと紫杏も特効2。ブラックは持っていると甲子園決勝が少しだけ苦しまずに済みます。

 

ラストは特効イベキャラ3。

パワポケ繋がり(=シナリオ固有キャラ扱い)でも配布されたキャラとあまりに古いキャラはこちらになりました。さすがに排出停止になってる鋼くんが入りませんでしたが。(笑)

まあ、ここは特効1と2を全然持っていないなら、ってところですね。ほとんどがデビューしてから2年経ってますので。

とは言え、報酬キャラの天本さんもここなんだけど、これ、ちょっと辛いなぁ。

 

それがなぜかと言いますと、それはこのいつもの特効ボーナスの都合です。

今回、ちょっと厄介なのがイベキャラの役割種類ボーナス。

これを4種類にする、ってのが結構難しくて、特効1キャラの中に赤色はいません。

特効2にいるジャス太刀と紫杏。

そして、

これが面倒なんだけど特効1にいる天本さん。

この3キャラだけなんです。

しかもその内、2キャラが彼女キャラとか、点数を伸ばそうとすると、あまり、というかほぼ彼女キャラが必要ではないこのシナリオではちょっと厳しいかなと。

 

つーわけで、10%を誤差として諦めるなら、実は今回、点数を出すだけであれば、投手野手どっちでもいいかなと。

どっちの育成でも、このシナリオは役を作ったときにどれだけイベキャラが来るか、そこにスペシャルタッグが来るかどうかが勝負の分かれ目なので、アヘと得意練習率アップを詰め込む形になりますから、それでいいかなと。

やる気維持を考慮するなら彼女キャラがいるに越したことはないんですけどね。

 

ちなみに私は投手はこのデッキでやってます。

シナリオ必須の白瀬ちゃん以外は全員「球速/変化(変化/球速)」で得意練習率アップも持ってます。

変更するなら、ワ瑠奈のところが誓いの星屑(50の瑠奈と45の星屑はともにボーナス35%)なんだけど、そうすると役割が3種類になっちゃうんで、それなら瑠奈かなと。あまりに伸びないようなら10%を誤差として、星屑にしてみてもいいかもしれない。

 

てことで理屈的には、役ができた時にトリプル以上が来やすい、

はずなんですけど...

まあ、大抵はこういう感じで器用に外しますけどね。

得意練習率アップは良いけど、変化に行ってるとか。

役はできてんだけどダブルがやっと程度とか。

つーわけで。

相変わらずかみ合わなくて、おかげで現在の私のハイスコアはこんな感じ。

んまあ...

感触的に、これだけタッグと役がズレまくってんのに、20,000点越えてきたんで、まだ伸びる余地はあるかなと。

まあ、ほどほどに頑張りましょうか。

これは余談ですけど、今回のサクチャレを走るのであれば、今週のこのガチャは回す価値があると思います。

60連でバナー内PSRが2枚チャンス。

白瀬を引いてもアイラを引いてもバリスタを引いてもたぶん、役に立ちますよ。

今回のサクチャレなら。

 

あとはおまけで、取得した称号。

今回は銅ばっかり。(^^;)

一気呵成の5段飛ばしの天空強化最終日に野手更新! でもまだ5周差?

というわけで、昨日(5/8)、周囲に送れること...一年以上だろうか? それとも半年以上だろうか? それはさておき、やっとPF到達!(野手)

初めてのPFなんだけどこれまでの最高がPG9だったから一気に5段飛ばし!(笑)

ううん...パワチャレで一人だけ飛び抜けているというのものなんとも...(^^;)

周りはまだ、特に投手はまだPG4がいるレベルなのに、自チームで10周差にしてどうすんの?

 

ちなみに点数はこんな感じ。

... ... ...

... ...

...

あ、スクショ撮ってない!?

あらら~、わざわざ動画にとって、そこからスクショで撮っていったのに肝心の点数忘れてるわ...(^^;)

 

えっと、28000点を越えていたのは覚えてます。以上。

それでPF4止まりってところで察してもらえると思いますが、凡才でございます。

選手能力的にはこんな感じ。

デッキはこちらなので、

イベキャラ及びシナリオ金得全部取得。

まさかピンクの50を作っておられる方がいるとは思ってもみませんでしたわ。(笑)

それとどうして賢二くんが50なんでしょうね?(笑)

まあ、これは機会がありましたらご紹介させていただきます。

というか、考えるまでもなく、このガチャを回した結果ですけどね。

元々は40連で止めてたんですけど、ちょっと思うところがあって、何かの締め日を越えたんで、あと60連回しました。

その結果が賢二くん50でございます。

まあ結果は後ほどということで。(笑)

んで、以前も書いたんだけど初めてPG9を出した時に、これ以上伸ばすには云々という話をして、今回も取得金得はまったく同じで、てことはあとは格と集客ということで。

まさかの格16とかw牛若丸を取ってんのに、どんだけ、力と敏捷と精神がド余りしていたのかw

 

むろん、その理由はこちら!

1サクセスで12回10回のエンジェルフラッシュなんて初めて見たわ。しかもそれに超ハート練習も重なってるし。

さらに、その後かもう1回後の超ハート練習も凄いこと凄いこと。(笑)

これくらい出れば伸びないはずもなく、でも、開眼は実は少し遅くてこの時期だったり。

年内のハート回収がちょっとうまく行ってなかったのかな?

んで、こうなると襲ってくるのはコナミエフェクトなんだけど、それはほとんどなくて、結構あっさりと甲子園優勝。

いや、結構マジで珍しいんじゃね?

ドはまりしていたのに、特別何の障害もなく、8月3週までちゃんとシナリオ出来るとか。(笑)

 

てことでその景品。

ううむ...5段飛ばしとか絶対に初めてだと思う。

はたして次はいつここまで嵌るのやら...(笑)

 

はてさてラストは今週のイベントの紹介!

新シナリオが来れば2か月以内に来るサクセスチャレンジ。今回は花丸編です。

詳しい説明は、次回に持ち越すとしまして、問題は今日いきなり『来週からの』イベントの紹介も来てました。

早いって。(^^;)

つーか、最近、というかマントル以降から運営さん。あんまりサクチャレを盛り上げる気はないようで...

パワプロ2022の3つのサクセス。その内1つはオマージュ編、と思えばいい模様。

てなわけで、今回はパワプロ2022のお話。

2016はまだサクスペも創世記で、サクセスを据え置きでやろうがサクスペでやろうがそんなに出来上がる育成選手に違いはなかったんだけど、というか、2016はアマゾネス+美和ちゃん理論があった(野手ならオールS+青得能ほぼ網羅、投手ならコンスタSSで165㎞総変21+青得能ほぼ網羅)んで、むしろ当時はサクスペの方が弱かったんだけど、2018、2020の頃にはサクスペのインフレが進んで、明らかに大差を付けられてしまっていたものだから、誰も、とは言わないけれどサクスペプレイヤー、特に現役世代は誰もサクセスはやらずに、皆さん、パワフェスを筆頭に、栄冠ナイン、マイライフ、ペナントに走る人がほとんどでした。

 

んで、今回もパワプロと言えば、と言われるくらい定番のサクセスはありまして。

2022はこの3シナリオ。

とりあえず今日までにやったのはまだ、ほぼほぼチュートリアルに等しいパワフル高校編だけだったりします。

 

ちなみに、育成環境だけで言えば、初めて作った選手はこれだったんで。

あくまで手応え的に、なんだけど、オールAはエキスパートモードで出来る人なら可能かなと。

もしオールSを狙うのであれば、よっぽどハマらないと金得が経験点での取得になっているので、ちょっと面倒です。

 

あと、金得は1シナリオ5つか6つは用意されているような気がします。その場合、たぶんオールBも難しいくらい経験点は足らんと思う。

なぜなら、金得を狙った場合と基礎能を上げた場合はこんな感じ。

これは、ランダムシナリオが全部完走したんだと思う。一つはデートイベント完走だけど。

広角砲と火事場の馬鹿力はパワフル高校固有金得で、「コツ」で取れるんだけど、見ての通り、この二つを取りに行った弊害で肩と捕球が弱くなりました。

んで、先にも言ったけどパワフル高校だと6つ金得を付けた時は下位コツがなければどんなにうまくいけてもオールBで限界かなと。ノーマルモードであれば。

こっちは取れなかった金得がありまして、経験点が純粋に足りませんでした。

それとパワフル高校固有金得も取れませんでした。多分、これは運だと思う。ランダムイベ完走ではなく、コツが出た時に、と言った感じ? もしかしたら高校固有キャラ1キャラにつき1つあるかもしれないけど、それは検証しているわけではなくて感覚でございます。もう少ししたらもっと詳しい攻略サイトが誕生すると思うのでそちらでどうぞ。

んで、これの場合は、威圧感が金得の代わりですけれども、これもコツ3まで行っても技術、力、走力、精神をオール70くらいは食った気がする。

しかも、なんとかSを付けようとした結果、青得は全然取れませんでした。

 

さて、その「今回の」パワフル高校。

多分、サクセスをやってほしいという運営の意志が感じられまして。

このシナリオ。

最初にある三つの選択肢で分岐していました。

その選択肢はこちら。

どの選択肢でどのシナリオに行くのかはここでは言いませんが、それはこの3つのシナリオ。

んで。

私は2015以前の過去作をほとんどやってないんだけど、サクスペをやるようになって、色々なパワプロの動画を見ていていましたら。

今回のパワフル高校は明らかに、過去作のオマージュ編、というかほぼ総集編となっている、ということは理解できました。

 

ちなみに面白いのはこの3つのシナリオ。

名前だけも含めて猪狩守が全部に出てくるんだけど、「永遠のライバル編」は同級生、「悲劇のエース編」は先輩ですでにあかつきを卒業しておりプロ選手、「あかつき黄金世代編」では後輩扱いでした。

 

んで、このパワフル高校の土台は2011で、そこに友沢の肘が壊れる話(10)、みずきのクレッセントムーンを聖が捕球する話(13)を混ぜてきた模様。

youtu.be

 

 

それと2011が土台になっている理由というのが、まずこの後輩がいること。

しかも、この算数問題も入れて来ました。

んで、準備できなかったんだけど、「あかつき黄金世代編」では中学生の友沢と橘みずきが出てきて、これも2011が大元。

あと、このキャラも。

2011同様、濡れ衣を着せられ野球を離れている模様。

さらには早川あおいの話が「永遠のライバル編」に挟まっているんだけど、それが何のひねりもなくそのまま2011だったりしました。(笑)

詳しくはパワフル高校「永遠のライバル編」をどうぞ。

なお初見プレイの時は、たぶん、あおいのイベントが完走できず、金得が取れなかった模様。てことで何をくれるのかは分かっていなかったり。(笑)

 

もっとも、ただの過去作のオマージュに囚われず、なんとサクスペ(アプリ)からのオマージュも挟んで来まして、それはこちら!

youtu.be

まさかまさかで「カイザーラインジグ」を挟んできました。この前にライジングショットかキャノンか忘れましたけど、それも過去作の取得の仕方、そのままを持ってきたんだけど、それが吹っ飛ぶ、このカイザーライジング取得シナリオには「マジか!?」と。

 

いやまあ...猪狩守くんはOPでカイザーライジングを投げてるけどさ。

youtu.be

...もしかしたら守、青葉、あおいはイベント完走でオリ変が貰えるのだろうか?

となると、「永遠のライバル編」は投手育成なのかもしれない。

 

つーわけでパワフル高校をやった感想なんだけど、彼女イベ以外は過去作の思い出話っぽい仕上がりになっているので、古参にはかなり嬉しい仕上がりになってるかなと。

 

それにしても今回も背景を使い回してますねー。

あ、でもこの背景はサクスペには来ていないものですよ。たぶん。

 

ただ、ゲーム操作性に関して言えば、今回は結構楽になってました。

特に2018で言われたんだけど、監督評価とスカウト評価の伸びにくさが問題なっていたものが、今回は最初の試合が2年の5月か6月にあるんだけど、監督のいるところの練習に3回ほど顔を出せば大抵スタメンで出られますし、スカウトも、まあ何度か踏んで甲子園優勝でEPを迎えれば上位でプロ入りエンドに出来るかなと。

 

まあ、それでも育成環境はサクスペに勝っているとは思わないんですけど、シナリオを楽しむ、という観点で見れば、今回は及第点かなと思います。結構面白かったですから。

 

んで、今回の2022で追加になった気がするサヨナラホームランを打った時の一塁を回ったときのジェスチャー

youtu.be

たぶん、今回初追加だと思う。個人的にはなかなかお気に入りだけど。

 

てことで今回はパワプロ2022のお話でした。

サクセスにもう2つシナリオがありますので、それやったら、また感想を紹介させていただこうかなと。

EVEを受け取って、私が5/2まで待つと思うか? 我慢できずにやっちゃった♡ それもDL直後に

さて、タイトルが何のセリフのオマージュか分かりますかな?

分かった方はなかなかの凄い人なのだが、答えはまあ置いておくとしまして、実のところ、サクスペ史上初めてじゃね? ってことが2022年4月25日に起こって、なんとこの日はガチャなし。

んで、2022年4月28日に『今週のガチャ』が来たんだけど、それはこのガチャ。

なんとな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~く、華を感じないんだけど、また「ワールドクラス」で今度はぐっさんが搭載。

 

個人的には野球競技で「ワールドクラス」と使ってほしくないんだよね。何度も言うけど、野球は日本だと人気スポーツでも、世界的に見ればマイナースポーツなんだからさ。

 

それはさておき、このガチャ回してまして、でも40連で止めてます。

なぜなら、今回はガチャ画像はないんだけど40連目、つまり、確定の50連目前にぐっさんを引き当てまして。

 

ついでに、こういうのを2体持っていましたから。

多分、もう使うことはないでしょうってことで両方とも今回のぐっさんの生贄にしましたところ、結果はこんな感じ。

つーわけで、まあPSRの方が強いんだろうけど、私にとっては千載一遇の『EVE reverse Terror』購入チャンスを逃すつもりはないので、ぐっさんはこれでOK。

 

んで、今週のイベントはこちらで。

なんかすげーテンポが悪くて時間がかかるし、しかも焦ってゴールしたところで、そこの相手に勝つのが難しいので、下手したら2周しないと先に進めないとかすげー面倒なことが分かったんで。

もうこれは躊躇うことなく、その4/28にこいつをDL購入しました。

んで、前に5/2の夜からやるつもりだ、なんて言ってたんだけど、んなもん我慢できるはずもなく。

「その日の22:30」から始めましたよ。

もちろん、なかなかやめることができるはずもなく、その日、ちょうど切りのいいところが来て止めたのは4/29の午前2:30でした。(笑)

 

ちなみに。

今日までにすべて終わらせました。(笑)

いやぁ。やっぱやめられませんわ。

てことで画像と共にストーリーをちょっとだけご紹介。

というのも、この『EVE reverse Terror』。

ゲーム内で「2日目」以降はスクショも録画もできなくなるんです。割とマジで「え゛?」と思いました。

が、まあ。

推理サスペンスなんで、1周しかできないし、スクショはともかく、VTRなんぞを動画サイトにUPされた日にゃ、商売あがったりだもんなぁ。

 

とは言っても、そこはプレイヤーの工夫次第。

 

つーわけでいくぞー! ストーリー自体のネタバレはしないけど、それでも「2日目」以降でも私はスクショだけはなんとかしたぜ!

あ、でもこれだけは言ってもいいと思う。

この画像は「天城小次郎サイド」のプロローグですよ。迷子のペット探しという、小さな探偵事務所らしい仕事に一コマです。

 

んで、「法条まりなサイド」のプロローグはこんな感じで休日のショッピングから始まります。

まあ、この辺りは実はburst errorのオマージュで前作でもこういうシーンはあったんです。

んで、EVEシリーズと言えば、のお馴染みシーン。

女子会の飲み会。(笑)

このシーンはすべてのEVEシリーズで出てきます。あ、でもnew generationはなかったかな? あとはありますけどね。

この二人が主人公になるシリーズでは。

これものreverse Terrorワンシーン。

ちなみにどうして私がこのシリーズをのめり込むほど好いているのかと言いますと、ストーリーが秀逸なのと、ワンシーン毎のスリルから来るいろいろなタイプのドキドキ感が私を虜にしてしまったわけですわ。

 

そしてもう一つ。

 

説明するまでもないけどこの二人の主人公、天城小次郎(左)と法条まりな(右)が決して『男女の関係』にならないからです。どのシリーズでも場合によっては敵同士で、時には協力して、時には友人のように、と言った具合に『男と女の友情』を描いていることがツボでした。すげー息が合う二人なのに絶対に男女としては結ばれない二人。

だからマルチサイドストーリーで、別々のストーリーとしてどちらも主人公として、物語を展開させられるんだろうなと。そして最後は同じ目的に収束しながら、それでも最後まで『違うストーリー』として、エンディングを迎える、それが本当に面白い。

あと出てくるヒロインたちもそれぞれ可愛くて。(笑)

でも、どのシリーズのヒロインもほとんどがかなりの訳アリで。

そこに「命とは何ぞや」を考えさせられ、しかも、凄い感動させてくれる物語。

それがEVEシリーズ。

 

あと、個人的にこのreverse terrorは別の面白さもあって楽しかったです。

一つはこのキャラ。

天城小次郎の後ろから銃を構えるこのキャラクター。

burst errorRから別の世界線になったことで登場することがなくなってしまった正史には登場するキャラクターなんですけど、ちゃんとフォローしてくれて。

しかも、正史以上に大活躍してくれたのが嬉しかったです。

彼女の名前は「桐野杏子」。

個人的にも正直、burst errorの続編としては物足りなかった『lost One』の主人公で、それもあまりの頼りなさとキャラ立ちしてなかったことと、もう片割れの主人公もアレだったんで『lost One』はEVEシリーズ史上最低の駄作と言われたため、残念な存在になってしまったキャラが、こうやって登場してくれて、しかもこの物語では天城小次郎と法条まりなのサポート役として、ほぼ物語の中心に居ながら、シナリオも壊さずに存在感もあったことがもうニヤけるくらい嬉しかったですね。

 

ちなみに前はこんな感じ。

右の一番目立ってる彼女ですね。

まあ、こういうイメージでは「諜報員」には見えませんが。(笑)

 

そしてもう一人はこのキャラ。

ZEROとburst errorには登場したこの眼鏡っ子

正史ではlost one以降、なぜか出てこなくなったんだけど。今回のreverse terrorでは再び出演となりました。

ナースに変装してますので眼鏡も外し、髪も短くした模様。

名前は『柴田 茜』。

ちなみになぜこのキャラを気に入っているかと言いますと、眼鏡っ子なところはもちろん、その声とキャラ付けが私のドツボでした。(笑)

lost oneではどうしても絡ませることができず、そのまま、次のTFAでは時間が経ちすぎていて出演させられなかった模様。

それとburst errorでの境遇が次回以降出せなくなってしまった理由なのかもしれない。

...まあ、ZEROの時は、終始ちょっと小悪魔な明るいボクっ娘キャラ付けのままでストーリーが終了したんだけど、burst errorでは、ねぇ...私も正直あの扱いはあまりに可哀そうで見れなかったです。まあ、コンシューマーはあれでもまだマシなんですけど、大元のPC98版はなぁ...いくら元が18禁だからと言ってもアレはない、よなぁ...

 

でもこうやって、別の世界線になって再び登場したこの2人が正直嬉しかったです。

しかも柴田茜は、雰囲気的にburst errorの柴田茜じゃなくてZEROの柴田茜だったところが、ね。(^_-)-☆

 

そしてもう一人。

正史では助からなかったもう一人。悲しい運命を背負った一人の女の子がこの世界線では救われたのが凄く嬉しかった。そりゃもう感涙するほどでした。

というか正史だろうと今回の世界線だろうと、burst errorをやれば私の言ってる意味は分かります。

あのラストシーンで感動しない人は元々EVEシリーズと合わない人です、と言えるくらい。

 

なお。

今回のOPはこんな感じ。

youtu.be

それと今回のreverse terrorは、いろんなところで正史ネタを挟んでいたので楽しかったですね。でもZEROネタはburst errorRから入った人には難しいような...それと終始burst errorのBGMでやってくれたところも本当に良かった。おかげでburst errorの続き、という気持ちのままで行けたし、しかも今回新登場でもburst error縁のキャラとか、掘り下げられたキャラとかフォローもばっちり。

あと本当に細かいネタだけど、東海道の話が、それもLost Oneネタも含めてあるとか、あれは良いのかな?(笑)

 

 

んで、ちらっと触れましたけどEVEシリーズは元々18禁だった名残がどうしても残ってしまっていて、こういう感じのシーンが所々で挟まります。(笑)

んで。

このシーンはストーリー上の1日目だったんでスクショが撮れたんですが、2日目以降にも数えてひー、ふー、みー...明らかに「サービスショット」というジャンルで見るなら、上を含めて5つのシーン、かな? もちろん、クリアすればスライドが用意されてますよ。(笑)

 

なお。

上の画像の『元画像』に興味がある方は続きを見るより、「自己責任」でご覧ください。(笑)

スマホだと続けて見れてしまいますので周りに注意してください。(笑)

続きを読む

明日(4/25)次第で決まるかも? 今年のGWの過ごし方

まあタイトルが何のことかと言いますと、このタイトルを購入するかどうかってことです。

3年前にリリースされたんだけど、実はEVEシリーズでまだ買っていないナンバーはこれだけだったりします。

 

ちなみに当時はこのリリースを知らず、知ったのは1年後であり、その1年後に何があったのか、というのが購入していない理由でしたけれども、それはさておき、どうして購入を考えているかは前回お話しましたのでちょっとだけ。

このEVE bursterrorRは不朽の名作「EVE burst error」のリメイク版でこれまでも何度か出てたんだけど、それは本当に単なるリメイクだったんだけど、このRはその後の世界線が変わるもので、その続きが「EVE Reverse Terror」とのこと。

 

ちなみに「EVE burst error」の正史はこんな感じ。

ZERO

burst error

The Lost One

TFA-The Fatal Attraction-

 

これで日本の他にもう一つ重要な地・エルディアとそれにまつわる存在たちの物語は一つの完結を迎えます。

 

もう一つ、「New Generation」という物語もあるんだけど、これはburst errorとは繋がらない短編なので、ここでは割愛します。この話もこの話で凄い面白いんですけどね。初見プレイの時は、あのトリックにはマジで気づかなかったなぁ。

気になった方はプレイどうぞ。(笑)

 

それはさておき、burst errorRから繋がるのがReverse Terrorということで、少し購入のチャンスが来たんで、とにかく明日次第ということですわ。

 

つまり。

明日来る、サクスペ6周年ガチャ第2弾の内容がどうなってるか、ですね。

ちなみにもし。

明日のガチャがこのキャラであれば。

私はきっぱりスルーします。

理由? たぶん、今、必要キャラのほとんどは私の手元にあると思われるので借りりゃいいやと。

そのために前も言いましたけど、このガチャは50連で止めて。

こっちのガチャはスルーしました。

まあ、4/28にたぶん6周年第3弾があるので、そこまで確認してReverse terrorになる可能性の方が高いかなと。

 

だって、前も言ったけど買ったら止められなくなるんで、5/2までは絶対に手に入れるわけにはいかないので。

 

はてさて、前も言いましたけど、それでもこのガチャは50連回してまして。

その結果をご報告。

このガチャには選択券が付いていたんで回しました、ってことなんです。

 

では行きましょう!

ぶっちゃけ、誰が当たってもいいや、本体は選択券、というつもりで回してますのであんまり気合いが入っているわけじゃないんだけど、まあキリルが当たればいいかなってところです。

 

でもなあ...

最近、というか今年の傾向としては「出ないキャラ」よりも「出るキャラが被る」だからなぁ。

 

つまり!

最初のバナー内確定で引く20連目のキャラが今回被るキャラなのでしょう。

さあ、10連目!

まずはこの限定キャラからSR1枚確定!

なお、今回は回しませんけど60連目の厳選8キャラからのPSRはピックアップ1と2を指します。

虹玉は1枚。

その中身!

あー...そうか、東くんのPRは引いてなかったか。

ちなみに1枚目のSRはプラベほむら。バナー内確定じゃないところでバナー内が出るのは結構嬉しいかな?

 

さて20連目!!

これが30連目以降の運命を決める20連目!!

バナー内SR以上1枚確定!

虹玉倍率アップがかかっていない状況での複数はありがたい話ですが、問題は中身!

ううむ...今回のガチャはプラベほむら祭りになるのかなぁ?

なお、PSRはアーサー(通常)。

髪が長い方のアーサーじゃない辺りがなぁ...やっぱ去年までと違う流れの引きだなぁ...

 

つーわけで30連目!!!

何が出ようが本体は別の30連目!

そして中身はこちら!

聖華ちゃんはなぁ...実はPSRを引かないと何の意味もないという。(笑)

だって、SR45持ってるし。しかも2キャラ。

んで、3体目のSRももうすぐSR45になる所存。

つまり、PSRを引かないと何の意味もないんだけど、何度も何度も言うけど女の子キャラだけに、しかも一世を風靡しただけに侮れないので取っておかないとヤバいかなと。

 

なお本体は6周年記念SR選択券でございます。

この中身は後ほどご紹介。

 

つーわけで、再びバナー内に戻ってくる40連目!!!!

結果はこちら!

ん? 今回は去年みたいにバナー内SRはバラけるのな?

でもそれなら10連目にプラベほむらを引いてるんだから20連目にキリルを引かせてくれればいいのに、そうならないってことはやっぱ去年までとリズムが違うんだろうね。

 

てことで今回ラストの50連目!!!!!

今回の限定キャラ30体から選ばれるPSR1枚確定!

去年までなら、今回のガチャ全部のキャラからのPSRだろうと、確率無視でバナー内PSRを引くことがほとんどだった私なんだけど、今年は流れが違うのではたしてどうなるか!

あー。ここは変わらないのね。

んまあ...たぶん当たりの部類だからいいけどさ。

 

ちなみにこっちが本体のつもりだったんだけど、プラベほむらを引いたからおまけ扱いにランクダウン。(笑)

てことで、選択券もいただきまして、その選択券。

今回の中身はこのキャラたち!

...おいおい。ユニ恋、ワールド瑠奈、ワールド神高、あんこちゃん、秘めたる神良、エアレミ、んで、キングアーサーとかマジかと。豪華過ぎるだろ...一昔前どころか、去年のこの時期、同じように付いてた選択券に「好敵手・猪狩守」を入れるようなものだぞ。まあ、彼は、この後の、パワプロの日(826)ガチャの時に選択券に入ったけどさ。

あ、ちなみに修正間違って被ってるキャラがいるのは申し訳ない。

でも元ファイルがないから直せねーや。( ̄▽ ̄;)

(追記)直せないと言ったがすまん、ありゃ嘘だった。まあ、残ってたデータで数合わせしただけだからバランスが整っていない、ってことで勘弁してくれな。(^^;)

 

なお、PSRはこのキャラを選びました。

まあ、持ってないなら現環境のことを考えるとこれ一択だよなぁ...

てことで選択券なのに暗転。(笑)

ちなみにSRはちょっと迷ったんだけど、まあこのキャラになるかなと。

パワー上限キャラとして、まだ使う可能性があるからね。それとあと+2で50だし。

ちなみにどのキャラと迷ったかと言いますと、たぶん、皆さんには「こいつ正気か?」と思われてしまうであろうこのキャラ!

アプリでは史上最速で排出停止になったそうです。(笑)

まあ、確かに使えるか使えないかと問われると絶対に使えないんだけど、彼の良さはそのシナリオにあります。

私は正直言って涙ぐみました。どうしてそんな決断ができるのかと。

だから、私は使えないのは分かっているけど、まだ引いていないだけにこのキャラとあんこを天秤にかけたんです。

決め手は、郡司くんが『常設キャラ』であったこと。

何かの偶然で引ける可能性があるなら、限定キャラで次いつ復刻か分からないあんこちゃんの方が良いかなというわけで、あんこちゃんを選びました。

 

それにサクスペなら仮に排出停止になってもカムバックガチャがあるんで別に大丈夫かなと。(笑)

 

つーわけであんこちゃんの上限解放はやってないけどキングはやりました。

まず、今回のガチャでPSRの通常アーサーは引いたんで、それならこっちの50を生け贄にしましょうぞ。

お見事3段階アップでSR45越え!

じゃあもうSR45のキングもいらねーやということで持っていたSR45も生贄に!

ううん...2段階アップなら50だったんけどなぁ...

てことで、まあ雑開放だけど40連目にSRのキングを引いてまして。

これが通って50達成!(笑)

なんかラッキーな50到達で、最終テーブルはこちら!

まあ、花丸が投手育成環境トップの間は使えるでしょうよ。

次の投手育成はなにやら恵比留強化と聞いているので、それはどんなに早くても秋だから今は良いやと。

ついでにもう表示されてますけど、覚醒もここまで進めてます。

あと2ずつとか中途半端。(笑)

 

はてさて、以前したこの話。

本日、毎日無料単ガチャが終わりましたのでその引いた14キャラの結果を一気にどうぞ。

SR以上が出なかったんでなんでもいいや。

 

なお6周年とパワプロ2022発売の恩恵でこういうログインボーナスが。

ワールドクラスの友沢さんです。

なお、走力上限でしたので使い道がもう...昨年であればかなり飽和状態だった肩上限の連中ですけど、今は秘めたる神良以外が使えない状況に陥ってしまって、デッキの幅が狭まっているだけにちょっと考えてほしい。

 

さ。ラストは明日からのイベントのお話。

まあ強化シナリオの入れ替えと無料、今度は10連になることは前に言ってますので、今回はイベントのお話。

なんじゃこりゃ?

今の状況だと何の想像もできない「新しい催し」なので、とりあえず明日待ち。

どうだろ? 

さすがにガンダーアドベンチャーより酷いクソゲーはそうそうないと思うけど?